ゴミの処理もきちんとしてスマートBBQ

楽しいBBQも終わり、片づけの時間。
朝から騒いでお酒が入っていると……
少々面倒なのも事実です。

しかし、ここで適当に片づけて終りでは
いけません!

できるだけゴミは残さないように、
キレイに片付けましょう。

近年、BBQ場のマナーが悪く、
使用料金を上げているところも多いのだとか。
自分たちで気軽にBBQを楽しい見づらい環境を
作ってはダメですよね。

他のグループが残していったゴミが目に入れば、
それも自分たちのゴミ袋にサッと入れていくような
スマートさを持ちましょう。

BBQを楽しむ者として一番やってはいけないのが、
駅やコンビニのゴミ箱に余った食材を捨てること。

これ、意外とやっているグループが多いんです。
悲しいですが、BBQ場の側にあるコンビニでは
持ち込みゴミでゴミ箱がいっぱいになるケースも。

BBQ場に地域からクレームが入れば、
閉鎖の可能性だって、言い過ぎではありません……。

ゴミのマナーは絶対に守りましょう!
片づけもみんなでやれば楽しいですよ。

フタ付きグリルで一味違うBBQ

海外のBBQでは蓋付きのグリルが主流です。
海外の人からすると、
「日本人はなんで蓋付きグリルじゃないの?」
と疑問を持つのだとか。

丸いフォルムの赤や黒のグリル、
映画など観たことがある人も多いでしょう。

海外のBBQはスモーキーフレーバー、
つまり燻製にするのが一般的。

フタをして焼くと、香ばしさがアップするんだとか。
そして塊のステーキ肉でも火が通りやすいんです。

数センチあるお肉を焼いて豪快に切り分ける。
ダイナミックですよね~。

他にも骨付きロブロースなど、
ワイルドなお肉が次々焼けちゃう優れモノなんです。

是非私たちのBBQでも!と思う方もいるかもしれませんが、
国内では蓋付きグリルが手に入りにくいもの。

購入できないわけではありませんが、
小型のモノであっても数万円します。

BBQ場でレンタルをしているケースも少なく、
事前にレンタル業者から借りて返す手間がかかります。

それでもいつもと一味違うBBQを体験したいのであれば、
オススメの一品です!

BBQで串が大活躍する理由

お肉を裏返すとき、何でやっていますか?
菜箸?割り箸?トング?

どれも便利ですが、正直熱いですよね。
火の粉が強くてうまくひっくりかえせないことも……。

特に塊のお肉は何度もひっくり返さなくてはいけないし、
お箸やトングでは滑って大変ですよね。

そんなときにオススメなのが串です。
金属製の串が数本あると、BBQがはかどりますよ。

アウトドアショップで数本まとめて
1000円程度で販売されています。

大きめのお肉に鉄製の串を刺して
そのまま焼きましょう。

裏返すときは串をクルッと回せばいいだけ。
しかも金属製の串が、
お肉の中まで火を通してくれるので、
早くやきあがりますよ。

ブラジル料理のシェラスコをイメージして、
コンロの上でくるくる焼きましょう!

肉汁がジュージュー落ちるのも、
食欲をそそりますよね~!

BBQ食材のヒント~魚介類編~

BBQでは好きなものを焼くのがお約束。
「自由に!」と言われても、何を買っていいのか
迷う幹事さんも多いはず。

今回はBBQで人気の食材・魚介類編をご紹介します。

【サケ】ホイル焼きで大人気!
きのことバターと一緒に焼くとビールが進む
代表格です。
ちょっとくらいこげても美味しいのもうれしいですね。

【たら】人気の白身魚。
あっさりといているので、塩こしょうだけでOK。
それにレモンを加えても極ウマ!
しょうゆをかけてもいいし、
焼いてそのまま焼肉のタレにも合う万能な魚です。

【さんま】
美味しい秋の味覚。
七輪や網でじっくり焼きたいですね。
脂出るので、足元や服は気を付けましょう。
しょうゆをお忘れなく。

【えび】
焼くとピンクになるえび。
焼肉のタレでがっつりいただきましょう。
ニンニクを効かせたタレと好相性。
焼きそばに混ぜるのもいい感じ。

【ほたて】
大きめのほたては見た目も◎!
パカッと開くビジュアルに思わず歓声が上がります。
醤油を垂らすとジュッと音が出るのもたまりません。
他にもサザエも人気ですよ。

ここでご紹介したのはほんの一部。
お肉だけでなく、お魚も楽しみましょう!

BBQ食材のヒント~お肉編~

好きなお肉を焼いていいと言われても……
以外と迷うのがお肉。

ひき肉を買っていって笑われたなんて失敗談もありますが、
もしかするとあなたも笑っていられないかもしれません。

今回は先日の魚介類編に引き続き、
BBQ食材・お肉編をご紹介します。

【焼き肉用牛肉】BBQといえばコレ!
焼き肉用とされている牛肉は多めに用意しましょう。
高いお肉を買う必要はありません。
BBQでは肉はコゲてしまうことが多いので、
脂が多い高級お肉は扱いにくいのです。
質より量!適度なお値段でOKです。

【豚トロ】ジュワッとした脂とコリコリの食感が魅力の
豚トロはビールに合う合う!
塩味で食べる事が多いので、塩ダレを用意するといいでしょう。

【味付き肉】スーパーにある味がついているお肉も買っておきましょう。
豚でも牛でも鶏でもお好きにどうぞ♪
タレの味に飽きてきたら、これを投入!
バジル風味など、少々変わった味がおすすめ。

【鶏肉】ジューシーなモモ肉がオススメ。
塊で焼くとビジュアルが食欲をそそります。
チーズを乗せたり、ゆずこしょうで食べたりと
バリエーション豊かな人気者。

【豚コマ肉】焼きそば用に購入。
高いお肉でなくてOKです。
焼きそば前にみんなお肉は食べているので、
量は少なくて大丈夫ですよ。

ここでご紹介したのは基本のお肉。
ステーキ肉を豪快に焼くのもいいですよね~。